研究と政策の間

研究と政策の間にあるはずの長い距離の自覚と無自覚 こういう視点をもって物事を考えられるかどうかは、まわり回って決定的な言説の質の違いをもたらすと思うのです。 関連して、 と補遺書も。 https://www.amazon.co.jp/dp/4641125813

8月終わり→9月へ

8月は、サンデルがトロリーに乗り込んで猛スピードで特攻んでくるような感じでありました。考えさせられるというか、試される人類といった趣きでした。

終戦記念日

各位の努力で、日本と世界に平和がもたられますように。

参入障壁が超低い分野で駆逐される正しき論理と合成の誤謬

もう世界中みても決着がついているのに、参入障壁が超低いゆえ、こういう誤認識が様々なフレーバーを付加されて流布するマクロな世間とミクロな個人。 相変わらず知識社会学的に大変興味深いです。 eulabourlaw.cocolog-nifty.com

Nスペ「大アマゾン 最後のイゾラド」

こういうのが好きで今回もたまたまやっていたので見たんだけど、昔はこの手の番組はもっと多かったような。今日のは完全に初発見の人々というわけでもなかったし。でもなんだかんだで勉強になった。

ブログ開始

2016年の今になってブログに興味を持つなんて、想像だにしてなかったけど、気が向いたときのメモとして書き留めるのもいいんじゃないかと思い、ブログを開始する次第。ぼちぼちやっていきます。